エンジニアスクールで学ぶために

子どものプログラミングスクール!選ぶときのポイント

子どもをプログラミングのスクールに通わせたいと考える親が増えています。

しかし多くの親はプログラムを作った経験がないため、何を基準にして選択すると良いのか分かっていないのが実情です。また英会話や公文などと異なり、利用者の数は多くないので、感想を聞くのも難しい状況になっています。そこで重要になるのは、プログラムの本質を知っておくことです。パソコンに特殊な文言を打ち込んでいくだけのイメージしか持っていない人は少なくありません。実際には定義文や命令文を入力して、何かを実行するためのフローを組み立てていくのです。

そのための論理的な力を養うことが、子どもがプログラミングスクールで行う最初のステップとなります。この作業に必ずしも高度なプログラムの環境は必要ありません。しかしそれを知らないと、なかなか本格的なプログラムを教えないことに不信感を持つ場合もあります。そのような指導だけを行っても子どもは理解できずに、苦手意識を持ってしまうことも多いです。

言い換えるとプログラミングのスクールは、論理的な力を磨くたための工夫をしっかりしているところが良いということです。何事も最初が肝心であり、それはプログラムの習得も例外ではありません。基礎ができていないと、正常に動くコードや他人が理解できるコードを書けなくなる恐れがあります。したがって、プログラミングのスクールを選ぶときは導入教育が充実しているところを選ぶのが得策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *