エンジニアスクールで学ぶために

小中学生向けのプログラミングスクール

小学生向けのプログラミング教育が必修化されます。

今後成長が見込まれる分野だということもありますし、今の子どもがこれから先の時代を生きていきために必要不可欠になることが予想される分野でもありますので、学習しておくことには意義があるといえます。ぜひ前向きに勉強してほしいものだと思います。といっても教える側の教員に知識・経験が不足していることは否めません。今の小学校教員が子どものころにはなかった技術ですし、勉強もしていない、教え方も教えてもらっていないというのが実情です。

教育委員会などでも大学教員などを講師にプログラミング教育に関する研修会も盛んに実施されていますが、日常業務に忙殺されている現役教員には参加が難しいというのが正直なところです。そこで活用が検討されているのが民間のプログラミングスクールです。民間企業については、官公庁や教育委員会などと比べて教育のノウハウを有している場合も多いというのが実情です。

ノウハウを活用してスクールを運営してもらうことは社会全体にとって意義が深いと思います。小学生にとっては学外のスクールに通うことが異文化体験の一種にもなりますので、推奨されるべき活動だといえるでしょう。お金がかかる通学になりますが、国の側もスクールへの補助等を検討すべきです。教育格差が生じるとよくないですので、親の所得が少ない家庭についても平等に勉強できるように配慮が必要だと思われますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *