エンジニアスクールで学ぶために

ソフトウェア 住所録ソフト

住所録を使うという行為は個人でも会社でもあるいはお役所、または学校でも広く行われています。

そのためにパソコンのソフトウェアの中にもワープロソフトや表計算ソフトでも住所録を扱うことができる機能を持っているものがあります。会社や学校では住所録は生徒名簿であったり、顧客名簿であることが多いために必ずしもそうではありませんが、個人での住所管理を行うためのソフトウェアはどちらかというと年賀状や暑中見舞いに使うための、いわばハガキ作成ソフトとしての性格が大きい比重を占める場合が多いものです。

ですからデザインをいかにきれいに仕上げるかとか写真をうまく使えるかという機能が重要視されるものが多いと思われます。年賀状ではその年の干支の図柄が多く使われますがその場合もデザイン面で他社との競争に勝つためにいろいろな工夫がなされています。毎年、斬新なデザインとするために次の年のデザインを追加できる機能があったりそれを利用する人のために割引をしたりと各社は他社との差別化を図っています。

このソフトウェアは日本人のように時候の挨拶を重要と考える国民性があるために非常に人気がある分野のソフトといえますが毎年同じことをデザインを換えてするくらいのものですから差別化といった所でそんなに機能が変わるものではありませんし、むしろ操作性が新しい機能がついたばかりに変わってしまっては顧客離れにつながりかねません。その意味で企画が難しいソフトもいえますが使い勝手がよければ新しい顧客を獲得する可能性も高くなります。
プログラミングスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *