エンジニアスクールで学ぶために

未経験からのプログラミングスクール

この記事では、未経験の人がプログラミングスクールに通ってIT企業への就職を目指す場合のポイントについて解説します。

未経験の人がプログラミングスクールに通うのにはなかなか勇気が要ります。なぜなら、未経験の人は学校を出たからといって必ずプログラマーになれるわけではないからです。とはいっても、どこの業界でも「学校を出たからといってプロになれるわけではない」という要素はあります。最初は勇気をもって一歩踏み出しましょう。社会人になると勉強ができることはたいして役に立ちません。

それよりもコミュニケーション能力などの対人スキルのほうが重要になるでしょう。プログラマーには高い対人スキルは求められないものの、ずっとプログラマーとしてやっていける人は少数派となります。システムエンジニアなどの上流工程の職業にキャリアアップしていくことが重要であり、そうしないと年収も伸びていかず、家族を養っていけなくなるかもしれません。そういうわけなので、プログラミングスクールに通うときは勉強だけやればいいという考え方は捨てましょう。

しっかりと講師やクラスメイトと交流をして、情報交換もしていくべきです。また、面接を受けるときにも、「勉強ばかりをしていました、資格を取得しました」ではたいした評価はされないと思われます。未経験者に求められているのは、むしろそれまでの社会人経験で身につけてきた対人スキルなどです。どのような仕事でもがんばってやっていると、なにかしら身につくものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *