審美歯科にかかる費用

###Site Name###

審美歯科では、歯をただ治すだけでなく、よりきれいに治す治療を行います。虫歯ができた場合、一般的な歯医者では削って銀歯を入れますが、審美歯科では白い詰め物をします。

より自然で美しい見た目なので、患者さんは銀歯よりも白い詰め物を希望します。
しかし、保険が適用になるのは、銀歯だけなので、白い詰め物にするためには保険外治療を受けなければいけません。

審美歯科は全体的に保険が適用されない治療を行うので、治療費が高くなる傾向にあります。

さらに身近になった東京の審美歯科は無限の可能性に満ちあふれています。

例えば、白いかぶせものをセラミックで作った場合は、1本あたり10万円前後の費用が掛かります。

保険の場合の治療費は、国によって決められているので、全国どこの歯科医院でも同じ治療費になりますが、保険外治療は歯科医院が独自に決めることができるので、医院によって金額が異なります。

セラミックにプラスチックを混ぜた、ハイブリッドセラミックはセラミックより少し安くなりますが、それでも8万円ほどの金額が必要になります。

そして、歯を白くするホワイトニングも保険が適用されません。


いくつか種類がありますが、歯科医院で行う場合は1回あたり1~4万円ほどかかります。

前歯だけや、上の歯だけなど、狭い範囲にすることで料金を安くしているところもあります。
マウスピースを作成して、自宅で薬剤を入れて装着する方法もありますが、これにも万単位のお金がかかります。

M3Qのマニアックな情報をお届けします。

一度マウスピースを作れば、薬剤だけの購入だけでホワイトニングができます。