歯医者さんになるには

###Site Name###

歯医者さんになるには、大学歯学部あるいは歯科系大学を6年かけて卒業しなければなりません。

無事に卒業できれば歯科医師国家試験に受験資格を得ることができます。
歯科医国家試験は3月上旬に2日間かけておこなわれ、3月下旬に結果がわかります。


最近の合格率は80~90%です。

合格したからといってすぐに独り立ちはできません。

東京の審美歯科のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

大学などで1~2年かけて研修をおこないます。
すべての科を経験します。


すべての科というのは、口の中の怪我やインプラントや口腔がんを治療する「口腔外科学」、入れ歯などの「補綴学」、子どもの歯を診る「小児歯科学」、歯の矯正である「歯科矯正」、歯周病学、放射線歯科学、審美歯科学などすべて学びます。


研修を終えると、ほとんどが開業します。

歯医者さんの仕事は限られていますので、必然的に開業というパターンがほとんどです。

大学に残る方もいますが、席がなかなか空いていないのが現状です。
大病院にある歯科はほとんどが「口腔外科」ですので、この専門外の歯科医だけしか勤務できません。

開業すると、定年がないですので、体力が続く限り、がんばれるというのがあります。歯医者さんは目をよく酷使するくらい細かい仕事ですので、微細な動きや技術が必要とされます。



都心部ではコンビニより数が多いと言われている歯科医院。
生き残りかけるには、技術も大切ですが患者さんの考えに立ったものの見方をしなければなりません。

どんな仕事でも言えますが、一生懸命に仕事をすることです。

ガジェット通信についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。